性器カンジダと性感染症

その症状、本当に性器カンジタ?自宅で検査、結果はネットで確認!

自宅検査
性器カンジタの症状は他の性感染症と中々見分けがつかないもの。性器カンジタだと思っていたものが実は他の性感染症だったということも多いようです。
現在では国認可の登録衛生検査所で郵送による性感染症の検査が自宅で手軽にできるようになりました。中々病院で検査は受けづらいという場合はこうした自宅検査を利用してみてはいかがでしょうか?

カンジタを含め主な性感染症の検査がまとめて自宅で受けられる検査キット

性器カンジダと他の性感染症との違いにはどのようなものがある?

性器カンジダには他の性感染症とは異なる際立った特徴があります。それは自家感染のリスクがあること。性交渉による感染よりもむしろこちらの方がリスクが高いとも言われています。原因となるカンジダ菌はもともと体内に存在している細菌のため、それがさまざまな理由で活動を活性化させることで症状が現われることがあるのです。つまり性交渉をしていなくても発症の可能性があることになります。とくに女性は妊娠中などホルモンバランスの関係で自家感染のリスクが高くなるので要注意です。パートナーがいる場合に感染した場合には相手に責任を押し付けあうような事態が起こりやすいのが性感染症の大きな問題点ですが、性器カンジダに関しては自家感染の可能性も考慮に入れたうえで原因を調べていく必要もあります。

 

感染原因以外の比較を行ってみましょう。まず症状。性器カンジダの大きな特徴はおりものの状態。白くドロドロとしたヨーグルト状のものが増えるのが特徴で、クラミジアや淋病のように単におりものが増えるだけの場合や、トリコモナス膣炎のように悪臭が伴う場合と見分けることができます。女性の場合はおりものの変化で最初の症状が見られることが多いだけに重要な判断材料となります。なお男性の場合は他の性感染症と同様、無症状のケースが多く見られます。ただし、亀頭包皮炎の引き金になることが多いので注意したいところです。

 

治療方法にも違いが見られます。性感染症の治療では通常原因となった細菌を排除するための抗生物質の投与が行われます。一方性器クラミジアでは原因となるカンジダ菌は真菌というカビの一種です。そのため抗真菌剤を使用した治療が行われます。再発の治療に限定されますが市販薬も売られています。ただ膣内に広く感染することも多く、治療の際には膣洗浄が必要など、女性の場合は負担が大きくなるのも特徴です。

 

このように、性器カンジダには他の性感染症と比較してもかなり特殊な面が目立つ感染症です。この点を知っておくことで予防はもちろん、早めの検査・治療の役に立てることができるはずです。

カンジタを含め主な性感染症の検査がまとめて自宅で受けられる検査キット

あの部分のかゆみ・臭い対策に使える人気2商品

ラヴージュ(デリケートゾーン専用石鹸&保湿美容液)

ラヴージュ


2015デリケートゾーンケア口コミランキング1位のデリケートゾーン専用ケア用品。生石鹸独自のぬめりが臭いの原因となる物質を優しく絡めとりながら、84種類もの美容洗浄成分・美容保湿成分が長時間臭いの発生・痒みをしっかり抑えてくれるのが特徴です。
9,000円・税別/定期初回4,980円(2回目以降も45%off)

今なら45%引き!ラヴージュ公式HPで詳しく見てみる

ラブフル(ボディミスト)

ラブフル


手軽に携帯出来て、一吹きで4〜6時間臭いをシャットアウトしてくれるミントタイプのケア用品。こちらはデートや旅行などの携帯に便利なコンパクトサイズなので気になった時にサッと手軽に使えるのがメリットです。
4,800円・税別(定期初回500円/2回目以降4,100円・税別)

定期初回はなんと500円!ラブフル公式HPで詳しく見てみる