性器カンジダと自然治癒

その症状、本当に性器カンジタ?自宅で検査、結果はネットで確認!

自宅検査
性器カンジタの症状は他の性感染症と中々見分けがつかないもの。性器カンジタだと思っていたものが実は他の性感染症だったということも多いようです。
現在では国認可の登録衛生検査所で郵送による性感染症の検査が自宅で手軽にできるようになりました。中々病院で検査は受けづらいという場合はこうした自宅検査を利用してみてはいかがでしょうか?

カンジタを含め主な性感染症の検査がまとめて自宅で受けられる検査キット

性器カンジダを放置するとどうなる?自然治癒することはある?

性感染症は放置するのが一番よくありません。にも関わらず医療機関で検査・治療を受けることに抵抗を感じるためついつい放置してしまうケースが多いのが大きな問題となっています。とくに男性は症状があらわれにくいため、治療の必要性を感じずに放置することが多いようです。

 

性器カンジダも放置するとさまざまな問題を引き起こします。性交渉による感染の拡大はもちろんですが、症状そのものの悪化も深刻です。まず男性の場合は亀頭包皮炎の原因となります。亀頭が赤くただれて痛みやかゆみがあらわれたり、白いカスが出てくるようになります。それから尿道炎。性器カンジダからこの症状に発展するケースは稀ですが、尿道に炎症が生じることで排尿時や射精時の違和感や痛みがあらわれるようになります。

 

女性の場合はより深刻です。外陰部・膣に炎症があらわれてかゆみや痛みが強くなるほか、性交渉の際の痛み、排尿障害などの症状が見られるようになります。さらに恐ろしいのが母子感染。妊娠中にはホルモンバランスの影響で性器カンジダが発症しやすい状況となりますが、そのまま放置して出産すると胎児に産道感染を引き起こすリスクが生じます。それによって赤ちゃんの皮膚に先天性皮膚カンジダ症が発症したり、口腔内にカンジダ菌が感染する恐れが出てきます。性交渉による感染だけでなく、母子感染を防ぐためにも放置せずに早めの治療が求められるのです。

 

性感染症といえば自然治癒するのかどうかも重要なポイントです。病院で治療を受けたくないと考えている人は症状が和らぐと「このまま自然治癒するんじゃないか」と期待を抱くものですが、実際性器カンジダでは自然治癒する可能性もあります。もともと体内に存在している細菌が原因で発症する病気のため、その活動が収まれば症状も和らぐのです。その意味では対処しやすい病気ともいえるわけですが、油断していると慢性化して再発を繰り返すようになってしまうので注意が必要です。

カンジタを含め主な性感染症の検査がまとめて自宅で受けられる検査キット

あの部分のかゆみ・臭い対策に使える人気2商品

ラヴージュ(デリケートゾーン専用石鹸&保湿美容液)

ラヴージュ


2015デリケートゾーンケア口コミランキング1位のデリケートゾーン専用ケア用品。生石鹸独自のぬめりが臭いの原因となる物質を優しく絡めとりながら、84種類もの美容洗浄成分・美容保湿成分が長時間臭いの発生・痒みをしっかり抑えてくれるのが特徴です。
9,000円・税別/定期初回4,980円(2回目以降も45%off)

今なら45%引き!ラヴージュ公式HPで詳しく見てみる

ラブフル(ボディミスト)

ラブフル


手軽に携帯出来て、一吹きで4〜6時間臭いをシャットアウトしてくれるミントタイプのケア用品。こちらはデートや旅行などの携帯に便利なコンパクトサイズなので気になった時にサッと手軽に使えるのがメリットです。
4,800円・税別(定期初回500円/2回目以降4,100円・税別)

定期初回はなんと500円!ラブフル公式HPで詳しく見てみる