性器カンジダの予防

その症状、本当に性器カンジタ?自宅で検査、結果はネットで確認!

自宅検査
性器カンジタの症状は他の性感染症と中々見分けがつかないもの。性器カンジタだと思っていたものが実は他の性感染症だったということも多いようです。
現在では国認可の登録衛生検査所で郵送による性感染症の検査が自宅で手軽にできるようになりました。中々病院で検査は受けづらいという場合はこうした自宅検査を利用してみてはいかがでしょうか?

カンジタを含め主な性感染症の検査がまとめて自宅で受けられる検査キット

性器カンジダの予防方法とは?

性感染症は早期発見・治療が重要ですが、一方で感染を拡大させないための予防も大事なポイント。適切な予防方法を知っているかどうかで感染リスクが大幅に違ってきます。では性器カンジダ症にはどのような予防方法があるのでしょうか。

 

まずコンドームの着用。性感染症における予防の基本中の基本です。性感染症の中にはコンドームでは感染を十分に防ぐのが難しいケースもありますが、性器カンジダの場合は予防対策に有効です。自分がパートナーに少しでも疑わしい症状が見られる場合にはコンドームの着用を心がけましょう。もともと体内に存在している真菌が原因なので発症の有無の見極めが難しいためコンドームによる予防がとくに重要と言えます。

 

ただコンドームの着用だけでは十分な予防にならないのが性器カンジダの厄介な点です。なにしろ性感染症以外にも自分の健康状態が原因で発症するケースがあります。体内に存在しているカンジダ菌が増殖しないよう、日常生活の中で適切な予防を行っていく必要があるのです。ではこちらの予防方法についても見てみましょう。

 

もっとも注意が必要とされているのが免疫力の低下。疲労やストレスの蓄積、暴飲暴食やダイエットのための無理な食事制限、不規則な生活など。現代人は生活環境が原因で免疫力が低下するケースが多いので注意が必要です。なお、高齢による免疫力の低下による発症のリスクもあります。

 

それから衛生状態。不潔な人はもちろん、汗を多くかく人もカンジダ菌が繁殖しやすい状況にあります。日ごろから衛生的な環境を心がけましょう。それから健康状態。免疫力を低下させてしまうような病気や問題を抱えている人も発症のリスクが高まります。代表的なところでは糖尿病。また肥満の人も要注意です。

 

特殊なケースではストロイド系の薬剤や抗生物質の投与を受けていることが発祥の引き金となることもあります。こうした性器カンジダを引き起こす要因をできるだけ排除していくことが最大の予防法となるのです。

カンジタを含め主な性感染症の検査がまとめて自宅で受けられる検査キット

あの部分のかゆみ・臭い対策に使える人気2商品

ラヴージュ(デリケートゾーン専用石鹸&保湿美容液)

ラヴージュ


2015デリケートゾーンケア口コミランキング1位のデリケートゾーン専用ケア用品。生石鹸独自のぬめりが臭いの原因となる物質を優しく絡めとりながら、84種類もの美容洗浄成分・美容保湿成分が長時間臭いの発生・痒みをしっかり抑えてくれるのが特徴です。
9,000円・税別/定期初回4,980円(2回目以降も45%off)

今なら45%引き!ラヴージュ公式HPで詳しく見てみる

ラブフル(ボディミスト)

ラブフル


手軽に携帯出来て、一吹きで4〜6時間臭いをシャットアウトしてくれるミントタイプのケア用品。こちらはデートや旅行などの携帯に便利なコンパクトサイズなので気になった時にサッと手軽に使えるのがメリットです。
4,800円・税別(定期初回500円/2回目以降4,100円・税別)

定期初回はなんと500円!ラブフル公式HPで詳しく見てみる