性器カンジダの検査

その症状、本当に性器カンジタ?自宅で検査、結果はネットで確認!

自宅検査
性器カンジタの症状は他の性感染症と中々見分けがつかないもの。性器カンジタだと思っていたものが実は他の性感染症だったということも多いようです。
現在では国認可の登録衛生検査所で郵送による性感染症の検査が自宅で手軽にできるようになりました。中々病院で検査は受けづらいという場合はこうした自宅検査を利用してみてはいかがでしょうか?

カンジタを含め主な性感染症の検査がまとめて自宅で受けられる検査キット

性器カンジダの検査方法とはどのようなものでしょうか?

性感染症は早めの検査と確定診断が何よりも重要です。放置しておくと症状が進行してしまうだけでなく、性交渉を通して他の人に感染させてしまうリスクがあるからです。パートナーの一方が感染した場合にはピンポン感染のリスクも生じます。性器カンジダの場合は加えて自家感染のリスクもあります。心当たりがなくても体調不良や疲労の蓄積などで免疫力が低下すれば体内に常在しているカンジダ菌の活動が活発化して症状が現われるのです。この点からもこの病気はとくに早めの検査が大事になります。

 

性器カンジダの検査は医療機関で受けることができます。カンジダ菌が感染する部分から菌や体液を採取して状態を調べるのです。大きな特徴は先にも触れたようにカンジダ菌はもともと体内に存在していること。そのため菌の有無ではなく活動状況や症状によって判断されます。具体的な検査方法は男女間でかなりの差があります。男性の場合は原則として亀頭周辺の菌を綿棒で採取して確認するのみ。負担が少ないのが大きな特徴です。それに対して女性は膣と外陰部を詳しく調べながら感染状態や症状を確認していく必要があります。治療でも膣洗浄が必要など男性に比べて負担が大きいのが性器カンジダの特徴ですが、検査においても同様の傾向が見られるわけです。

 

難しいのは検査のタイミング。もともと存在している菌のため、基本的には症状が現われた段階で検査を受けることになります。また、冒頭にも触れたように疲労や体調不良といったきっかけで発症することもあるため、自覚症状をできるだけ正確に把握したうえで適切な検査の時期を判断する必要があります。とくに男性は自覚症状に乏しいことが多いため、亀頭部の赤みや痛みといったちょっとした症状を見逃さないようにすることが大事です。

 

性感染症の検査方法といえば自宅で自分で行える検査キットが普及しています。性器カンジダにもこの検査キットがあり、申し込めば利用することができます。他の性感染症の検査キットと同様、体液を自己採取して郵送するだけでチェックしてもらえるので医療機関で治療を受けるのに抵抗を感じている人におすすめです。

カンジタを含め主な性感染症の検査がまとめて自宅で受けられる検査キット

あの部分のかゆみ・臭い対策に使える人気2商品

ラヴージュ(デリケートゾーン専用石鹸&保湿美容液)

ラヴージュ


2015デリケートゾーンケア口コミランキング1位のデリケートゾーン専用ケア用品。生石鹸独自のぬめりが臭いの原因となる物質を優しく絡めとりながら、84種類もの美容洗浄成分・美容保湿成分が長時間臭いの発生・痒みをしっかり抑えてくれるのが特徴です。
9,000円・税別/定期初回4,980円(2回目以降も45%off)

今なら45%引き!ラヴージュ公式HPで詳しく見てみる

ラブフル(ボディミスト)

ラブフル


手軽に携帯出来て、一吹きで4〜6時間臭いをシャットアウトしてくれるミントタイプのケア用品。こちらはデートや旅行などの携帯に便利なコンパクトサイズなので気になった時にサッと手軽に使えるのがメリットです。
4,800円・税別(定期初回500円/2回目以降4,100円・税別)

定期初回はなんと500円!ラブフル公式HPで詳しく見てみる