性器カンジダの感染

その症状、本当に性器カンジタ?自宅で検査、結果はネットで確認!

自宅検査
性器カンジタの症状は他の性感染症と中々見分けがつかないもの。性器カンジタだと思っていたものが実は他の性感染症だったということも多いようです。
現在では国認可の登録衛生検査所で郵送による性感染症の検査が自宅で手軽にできるようになりました。中々病院で検査は受けづらいという場合はこうした自宅検査を利用してみてはいかがでしょうか?

カンジタを含め主な性感染症の検査がまとめて自宅で受けられる検査キット

性器カンジダは感染するのでしょうか?

性器カンジダは性感染症(STD)の一種に分類されています。ですから性交渉によって感染する病気ということになります。それだけでも感染のリスクに注意が必要なのですが、実際にはそれ以外にも感染リスクがあります。他の性感染症のようにもっぱら性交渉によって感染するのではなく、他の要因、それも日常生活におけるちょっとしたきっかけによって感染・発症することが多いのです。そもそも性器カンジダは正確に意味でも性感染症ではなく、性交渉が感染の大きな1つであるためにそう扱われているのです。これがこの病気のリスクの正しい理解の妨げになってしまっている面もあります。

 

では性交渉以外のどのような理由で性器カンジダは感染するのでしょうか。もっとも注意が必要なのが自家感染。他の人や外部からの影響とは関係なしに体内で感染することがあるのです。これはもともとカンジダ菌が体内に存在しているからで、何らかの原因で増殖し活動を活性化させることで症状が見られるようになります。このもともと存在しているカンジダ菌が増殖するおもな原因は免疫力の低下。ストレスや疲労の蓄積、栄養バランスの偏った食生活、低体温などによる免疫力の低下で発症のリスクが高まります。そのため、体の衰えによる免疫力の低下で感染・発症する高齢者が増えているのもこの病気の特徴です。同じく免疫力が弱い子供が性器ではなく口腔にカンジダを発症することもあります。

 

もともと体内に存在するカンジダが原因で感染するケースは自家感染と呼んでいますが、女性の場合はもうひとつ注意しておきたい自家感染のパターンがあります。それはホルモンバランスの乱れ。女性ホルモンはエストロゲンとプロゲステロンがバランスをとることで成り立っていますが、プロゲステロンが優位になるとリスクが増大するのです。これは膣内のグリコーゲンの量と関係があると言われています。このプロゲステロンが優位になる理由としてはピルの服用や妊娠が挙げられます。知らず知らずのうちに感染・発症リスクを高めてしまっている可能性もあるわけです。

 

もうひとつ、自家感染以外で注意しておきたい感染ルートが母子感染です。出産時に感染していた場合、産道感染で生まれてくる子供に感染させてしまう恐れがあります。妊娠中の感染リスクと合わせて女性は注意しておくべきポイントとなるでしょう。

カンジタを含め主な性感染症の検査がまとめて自宅で受けられる検査キット

あの部分のかゆみ・臭い対策に使える人気2商品

ラヴージュ(デリケートゾーン専用石鹸&保湿美容液)

ラヴージュ


2015デリケートゾーンケア口コミランキング1位のデリケートゾーン専用ケア用品。生石鹸独自のぬめりが臭いの原因となる物質を優しく絡めとりながら、84種類もの美容洗浄成分・美容保湿成分が長時間臭いの発生・痒みをしっかり抑えてくれるのが特徴です。
9,000円・税別/定期初回4,980円(2回目以降も45%off)

今なら45%引き!ラヴージュ公式HPで詳しく見てみる

ラブフル(ボディミスト)

ラブフル


手軽に携帯出来て、一吹きで4〜6時間臭いをシャットアウトしてくれるミントタイプのケア用品。こちらはデートや旅行などの携帯に便利なコンパクトサイズなので気になった時にサッと手軽に使えるのがメリットです。
4,800円・税別(定期初回500円/2回目以降4,100円・税別)

定期初回はなんと500円!ラブフル公式HPで詳しく見てみる